考え方を転換してみる

日々生活をしていると、いろんなストレスを感じます。仕事上の大きなストレスから「夫のいびきがうるさくて眠れない!」なんていう小さなストレス(いや、本人にしてみたら深刻な問題かもしれませんが)までさまざまです。

私は専業主婦ですので、一日中お腹が痛くなってしまうほどの強いストレスを感じることは仕事をしていたころからしたら激減しました。しかし、日々のちょっとした失敗によってストレスを感じることは多々あります。たとえば、「あのときあんなことを言ってしまったけれど、違う言い方をしたほうがよかったかしら?」とか、PTA役員の仕事で大勢の人の前で話さなくてはならないとか。ほんのささいなことですが、平和な毎日を送っている主婦の私にとっては位がピリピリしてしまうストレスです。先日は夫の給料が激減したため「今月の生活費どうしよう…」というストレスを感じました。

そんなときには、私は「今からスタート!くよくよ考えてももう後戻りはできないのだから、これから努力しよう!」と考えるようにしています。継続的に感じているストレスであるのならば、とりあえず今の状況を改善できる方向に何かできないだろうかと打開策を考えるようにしています。「どうにかしよう」とよい方向に考えている時間はストレスからのいやな気分を忘れて、前向きになれるからです。

考え方次第で、ストレスを感じなくてすむのではないかと思います。

ハッピーメールなら素人でも本当に出会いを見つけられると思います。

PCMAXは安全に利用できる、初心者向けと言うよりも、初心者にこそ利用してほしい恋愛コミュニティーサイトです。

敏感肌で頭皮をいたわりたい方、お洒落染めのようにカラーが豊富なもの・・・・・。こういった効果や条件が揃っている白髪染めトリートメントを見つけるなら


その日一日が無事に終われば良いと思おう

「ストレスを感じない生活」のためにコツとしては、目標を高く持たないことです。こう言ってしまいますと、非常にダメな人間として生きるかのようになってしまいますが、決してそうではありません。

目標を「その日一日が無事に終われば良い」ということに設定しておくと、なにが起きてもわりと動じなくなるのです。要するに「終わり良ければすべて良し!」になるといったものでしょうか。

以前、派遣社員をしていた時に、なかなか人間関係が大変な職場に当たってしまったことがありました。ちなみにその職場は私を含めて女性しかいない職場でした。

その職場には、「文句付けたがり」が多かったり、陰口で団結して派閥が結成されていたり、連絡事項を嫌いな人には回さなかったりと、よそ者にとってはとくに散々な状態だったのですが、もっとも困るのが「人によってやり方や意見が違う点」です。

パーソナル的なところはさておき、仕事を進める上で、人によってやり方や意見が違うことは致命傷となりかねません。ですからもう内容は割愛させて頂きますが、散々な状態ではあったのですが、あるお局の「その日一日が無事に終われば良いのよ」との言葉に救われました。

あれやこれやと、一生懸命頑張ろうとしても、空回りに終わってしまうこともあります。書類が届いていなかっただけでも、心が折れてしまうものです。

しかし「その日一日を無事に終えること」を目標と設定したら、なんだか気持ちが軽くなったのですよね。ですからそれ以降、このことを目標として、いい具合に肩の力を抜いて、その職場をやり終えました。


ストレスを感じないコツとは

社会人になって、仕事上のあれこれがあったり、学生生活であっても人付き合いにストレスを感じることは、よくあります。

基本的に、言うべきか言わざるべきかと迷ったことは、言って置いたほうが後悔になることは少ないのですが、それも性格に寄るでしょう。

たとえば自分の発言したことで、相手を言い負かしてしまっても、自分が正しいと思える人でしたら、それはストレスにはなりません。

ですが、協調性を重んじ、自分が他人にどう思われているかを気にする人でしたら、相手の気持ちまで考えてしまって、それが結果としてストレスになります。

もっともいいのは、そのストレスを発散させる、趣味や何かを持つと言うことでは無いでしょうか。

なかなか人数が合わないといけないカラオケを、一人で楽しんだり、無我の境地で泳いでみたりする事で、ストレスは発散されやすくなります。

ストレスをプレッシャーに感じずすむよう、それをいかに拡散できるかの何かを見付けてみましょう。